お魚をさがしてます


「お魚をさがしてます」というのは釣り系ユーチューバーが出してるグッズのひとつですが、私の車の窓ガラスにそれが貼ってあるので職場の同僚から「釣りが好きなの?」とたまに聞かれます。

仕事帰りや休日など時間のあるときにふらっと海に寄って釣りをするのが好き。やるのは、ほぼ海釣りです。

なぜ海釣りばかりするのかというと、ただ単に、食べれる魚が釣りやすいから、ですかね。 だってせっかく釣った魚を美味しく食べれたほうがいいと思いませんか?

ただ、海釣りといっても船に乗って沖合に出かける船釣りはしたことがありません。 漁港の堤防などで手軽にできる釣りなので趣味と言えるかは不明です。

でも魚がいるタイミングで釣りに行くことができればアジやイワシ、鯖などがたくさん釣れることもあります。

海釣りを始める人が入門的な釣りとして最初にやることが多いのがサビキ釣りという釣り方です。

ある程度水深がある堤防などでサビキ仕掛けを海中に落とし込み、コマセという魚が好きなマキ餌を仕掛けの一番下についてるカゴなどに入れて海中でばらまき、その餌に集まってきた魚を小さいアミエビに似せたサビキという擬似バリで釣るやり方。その擬似針を魚は小さなエビと間違えて食べるんですね。

サビキ仕掛けの針は少なくても3本、多いものでは6本以上ついているものもあるので、1度に何匹も魚が掛かって釣れることもあります。

とくにサバは小さくても凄い勢いで泳ぎ回るので、3匹とか一気に針がかりしたときはどんな大物が釣れたのかと錯覚するくらい魚の引きを楽しむことができます。

サバやアジは小さいものなら丸ごと南蛮漬けにしたり、30p近くあるサイズなら開きにして干物を作ったりします。新鮮なお刺身を食べれるのも釣り人の特権のひとつですね。



Copyright © やっしー日記 All Rights Reserved.